脳の病気は早期発見が大事~定期的に検診を受けましょう~

自覚症状がない恐ろしさ

メンズ

脳ドックで早期発見

脳は人間の行動などを司る司令塔です。脳の病気は、その指令する機能に障害を引き起こし、生活に支障をきたすことがあります。そのため脳の病気は、病気の中でも最も恐ろしい病気です。脳卒中や脳梗塞などにかかると、重度の障害を残す可能性が極めて高くなります。また少しでも発見が遅れると、死に直結することがあるようです。そのため、少しでも予兆を見極めるための脳ドックが、人気になっています。脳の病気は発症してからではすでに遅く、発症をいかに予防するかがポイントです。そのため脳ドックは、健康の意識が高まっている時代背景を受けて、年々受診する人が増加しています。検査は自覚症状のない項目も精密に行われるため、未破裂の動脈瘤を発見することができるようです。これは脳の血管に動脈瘤ができている状態で、痛みなどの自覚症状はありません。しかしこの動脈瘤が破裂すると、くも膜下出血になるリスクが非常に高いものです。この発見は脳ドックが唯一の発見できる手段となります。そのため定期的な脳ドックの受診は、脳の病気を予防する手段でもあるのです。

生活習慣と病気の関係

脳の病気と言われるものの、そのほとんどが生活習慣の乱れが要因となっています。ストレスや睡眠不足、食生活の乱れや喫煙、飲酒、運動不足などは生活習慣病につながると言われていますが、これを長期間繰り返すと糖尿病や高血圧などを招きます。そして、動脈硬化などの病気に異変し、脳の病気や心臓の病気につながるのです。そのため生活習慣を正すことが、病気の予防の第一歩と言えます。もちろん遺伝など他の要素もあるので、生活習慣を改善すれば100パーセント病気の予防になる、というわけではありません。そして脳ドックなどで異常が見つかったが、治療するまでもない状態であれば、経過観察になります。その際においても、生活習慣の見直しは必要で、これ以上の悪化を防止する取り組みが必要です。それだけ生活習慣と病気の関係は密接なのです。脳の病気を予防するには、普段の生活習慣を見直すことから始めなければなりません。食生活や運動などを行うことで病気にかかるリスクは減らすことができるのです。

脳に起こる病気

悩む女性

脳の病気として代表的なものに脳梗塞、くも膜下出血、そして脳腫瘍などがあります。このうち脳梗塞は一過性虚血発作という前触れの症状があり、くも膜下出血や脳腫瘍は頭痛が自覚症状として起こりますので、できるだけ早く病院に行きましょう。また脳腫瘍の場合は、体内の他の部位のがんが転移して起こることもあります。

もっと見る

精神病の原因と脳の働き

笑顔の男の人

精神病は心の病気ではなく、脳の病気であることが次第に分かってきました。脳の働きが乱れてしまうことで、症状が出てしまうからです。この場合の治療では、脳の働きを薬でコントロールしていくことで、症状を落ち着かせていくことが十分にできます。

もっと見る

精神疾患と脳の働き

男の人

精神疾患は脳の病気でもあり、脳の乱れた働きがその人の感情を左右させてしまいます。これはストレスなどがきっかけで神経伝達物質の働きが乱れてしまうため、マイナスな感情を誘発させてしまうのです。治療では脳の働きを正常に戻すために薬でコントロールをしていくので、これで症状が改善されることになります。

もっと見る

脳の病気への理解

女の人

脳の病気にはたくさんの種類があります。そして、その症状も様々です。神経麻痺や言語障害を伴う場合もあります。日頃から生活習慣や食生活に注意していくことが重要です。また、検診で早期発見に努めることも大切です。

もっと見る

心身症による頭痛の治療

カウンセリング

頭痛はいろいろなことが原因で発症します。脳梗塞や脳腫瘍による頭痛は脳の病気ですので、脳神経外科や神経内科で治療を受けます。精神的なストレスが原因の頭痛は心身症ですので、心身症の治療は心療内科が最適です。

もっと見る

Copyright © 2016 脳の病気は早期発見が大事~定期的に検診を受けましょう~ All Rights Reserved.