脳の病気は早期発見が大事~定期的に検診を受けましょう~

脳に起こる病気

悩む女性

自覚症状に気をつけて

脳の病気と聞いて、あなたはどのようなものを連想しますか。まず脳梗塞などの、動脈硬化による病気があります。それからくも膜下出血というのがあり、これは脳動脈瘤によって起こります。それから、脳腫瘍があります。これは脳の中に悪性腫瘍ができる病気です。これらの脳の病気の主な自覚症状に、頭痛があります。もちろん一口に頭痛といっても、どの病気かによって症状が異なります。たとえばくも膜下出血のように、突如として激しい頭痛に襲われることもあれば、脳腫瘍のように、起床時に最も激しく痛み、吐き気や嘔吐を伴うものもあります。こういう症状が続く時は、早めに脳神経関連の診療科を受診するようにしましょう。また脳の病気の中でも、脳梗塞は自覚症状としての頭痛がありません。その代わり、急にろれつが回らなくなったとか、手足がしびれるなどの症状が現れます。これは一過性虚血発作と呼ばれ、大抵は1日以内で治まりますが、脳梗塞の前触れともいえるものなので、そのまま放っておかずに、早めに病院に行くようにしましょう。

原因は病気によって違う

それから脳梗塞にはラクナ梗塞、アテローム血栓性梗塞、心原性脳寒栓症の3つのタイプがあります。ラクナ梗塞は高血圧、アテローム血栓性梗塞は、高血圧や糖尿病が原因であることが多いのですが、心原性脳寒栓症の場合は、不整脈の1種の心室細動が原因となって起こります。またくも膜下出血は、脳を覆うくも膜の下にある動脈が、何らかの原因により切れることで起こりますが、原因としては、動脈に出来る瘤である脳動脈瘤によるものであることが多いです。それから脳腫瘍は、原因そのものは遺伝子といわれていますが、不規則な生活やストレス、あるいは食事などによって進行する確率が高くなります。また脳腫瘍の場合は、他の部位にあるがんが転移して起こることもあります。特に肺がんや乳がんは脳への転移が多く見られます。いずれの場合も脳の病気であるため、発見や治療が遅れると致命的になりかねないこともあります。少し様子がおかしいだけと放っておかずに、まずきちんと病院に行って診察や検査を受け、病気と診断された場合は、しかるべき治療を受けるようにしてください。

Copyright © 2016 脳の病気は早期発見が大事~定期的に検診を受けましょう~ All Rights Reserved.