脳の病気は早期発見が大事~定期的に検診を受けましょう~

心身症による頭痛の治療

カウンセリング

心身症の特徴

頭痛にはさまざまな原因があり、原因によって診察を受ける病院が違ってきます。脳の血管に異常があることが原因の頭痛は、神経内科や脳神経外科で治療を受けます。神経内科や脳神経外科は、脳の病気の治療を専門に行っています。ストレスが溜まったり心配ごとがある時にも、頭痛になる場合があります。心の状態が原因となる頭痛は心身症ですので、神経内科よりも心療内科に通院する方が適しています。心療内科は心身症の治療を得意としており、うつ病による頭痛や胃痛の治療や、パニック障害などの治療に定評があります。脳溢血や脳梗塞、脳腫瘍などの脳の病気は心療内科で治療することはできません。心療内科では頭痛の精密検査が可能ですので、検査の結果、脳腫瘍などの脳の病気の疑いがある時には、脳神経外科や神経内科の病院を紹介してくれます。症状に応じて最適な病院を紹介してくれますので、頭痛になった時には安心して通院することができます。心療内科でのうつ病やパニック障害の治療は、薬物療法や認知行動療法などで治療をします。医学や薬学の進歩によって、うつ病やパニック障害は完治させることが可能です。

頭痛を緩和させる工夫

お酒を飲み過ぎたり風邪をひいた時には、頭痛になることがあります。二日酔いや風邪による頭痛は、しばらく安静にしていると自然に治ります。なかなか頭痛が治らない時には、脳出血や脳腫瘍などの脳の病気の可能性がありますので、脳神経外科や神経内科の病院で精密検査を受けることが必要です。ストレスが長く続くと頭が痛くなってきたり、頭が重くなる症状が現れます。ストレスなどの心の状態が起因する頭痛の治療は、心療内科で治療を受けることが最適です。ストレスが溜まって頭がズキズキ痛むような時には、心療内科に通院することをお勧めします。頭の一点を針で刺したようなチクチクとした痛みがある時には、偏頭痛の可能性が高いです。偏頭痛はうつ病が原因の場合もありますので、心療内科に通院すると精密検査を受けて調べることができます。目を酷使した時にも頭痛がすることがありますが、この頭痛のことを緊張型頭痛といいます。緊張型頭痛は精神的なストレスが原因で発症することがありますので、心療内科で治療することができます。

Copyright © 2016 脳の病気は早期発見が大事~定期的に検診を受けましょう~ All Rights Reserved.